東北アライアンス株式会社

プラセンタにはどんな働きがあるの?

プラセンタって何?

化粧品や健康食品などで何かと「プラセンタ配合」という商品が目につきますが、
プラセンタとは一体、何でしょうか?

「プラセンタって、胎盤のことでしょう?」という方はかなり健康や美容にくわしいですね。
プラセンタとは英語で胎盤のことをいい、一般的に人や豚、馬、羊などの哺乳類の胎盤から抽出されるエキスのことを総称していいます。

もともと胎盤は、人間でいえばわずか0.1ミリの受精卵を10か月で約3キロの胎児に育てる不思議な臓器です。胎盤の中には胎児の成長に必要な栄養素や生理活性物質が含まれていることがわかっています。

赤ちゃんの栄養の源がプラセンタです

なぜ、小さな受精卵から、大きな赤ちゃんに育っていくのでしょうか?

哺乳類は、たった一個の卵子とたった一個の精子が出会い、受精卵となります。受精卵は、お母さんの子宮壁に着床します。その受精卵は、赤ちゃん本体(胎児)と胎盤に分かれていきます。赤ちゃんと胎盤の間は、栄養の運搬をする「へその緒」と呼ばれている臍帯(さいたい)で結ばれています。

赤ちゃんが子宮の中ですくすくと育つための「栄養の源」となっているのが胎盤なのです。

胎盤の役割の1つは、母体から酸素や栄養分を取り出して赤ちゃんに送ることです。そのために胎盤は、時には異物を解毒する肝臓となり、栄養分を消化・分解する小腸となり、呼吸を司る肺となり、老廃物を処理する腎臓となったりと、重要な臓器の代わりとなるスーパー臓器といえます。

もう1つが、「サイトカイン」や「グロスファクター」などの生理活性物質を分泌することです。「サイトカイン」は免疫細胞を刺激したり、抑制したりする働きをします。病気から赤ちゃんを守る役割をします。また、成長因子とも呼ばれる「グロスファクター」は、成長ホルモンのような働きをします。グロスファクターの分泌によって、基幹細胞はもの凄いスピードで細胞分裂を促し、組織をつくり、皮膚や臓器などの器官をつくっていきます。最終的には、外で生きていくために必要な臓器や器官が形成され、健康的な赤ちゃんが母親から産まれてくるのです。
 ちなみに、プラセンタの研究は古くは京都大学から始まりました。戦争中の当時、親の栄養状態が極端に悪くても、元気な赤ちゃんが産まれていたからです。驚異的な成長を促す胎盤を研究することで、未熟児の発育や医療分野で応用できるのではないか?と考えられていたためです。

 

プラセンタにはどんな栄養素が入っているの?

胎盤エキスであるプラセンタには生命に不可欠な栄養素や生理活性物質が極めて豊富に含まれています。主な栄養素には、体の構成に必要となる必須アミノ酸、疲労回復に役立つビタミンB群、ナトリウム・リン・鉄・カルシウム・マグネシウム・亜鉛などのミネラル群、傷ついたDNAを修復し、病気を防ぐ核酸などがあります。

生理活性物質には、細胞分裂を高め、新陳代謝を促す「グロスファクター」や免疫を活性化する「サイトカイン」などの成分です。最近、美容・医療業界で注目され、研究されているのが「グロスファクター」です。

【グロスファクターの作用】
EGF:上皮細胞増殖因子
・・・基底層の肌形成を活性化させ、肌のターンオーバーを促す

FGF:線維芽細胞増殖因子
・・・真皮の繊維芽細胞を刺激し、コラーゲンなどの生成を促す

IGF:インスリン様成長因子
・・・成長ホルモンからの誘導で、神経・血管・骨・軟骨などの身体の形成に関わる
 HGF:肝細胞増殖因子
・・・肝細胞や様々な細胞を増殖し、組織と臓器の再生と修復を促す ※認知症の予防効果があるといわれている
 NGF:神経細胞増殖因子
 ・・・神経細胞(交感神経・副交感神経・知覚神経節細胞)の増殖と再生を促す
 TGF:形質転換増殖因子
・・・傷などの損傷部を治りを回復する

プラセンタはどんな働きをするの?

プラセンタの様々な栄養素や生理活性物質によって、細胞の新陳代謝が高まり、組織を修復したり、再生しようと働きかけます。傷ついた古い細胞が長く留まっていると、老化が早まり、病気の引き金となります。

医療現場では肝機能障害の患者さんにプラセンタ注射剤が用いられますが、傷ついた古い肝細胞を修復・再生する働きがあるからなのです。

プラセンタは古い細胞と新しい細胞の入れ替わり(新陳代謝といいます)を促すことで、細胞の老化を防ぎ、良質で元気な細胞をつくっていきます。全身の細胞のエネルギーが増し、イキイキと活性化するので、基礎代謝が上がり、病気になりにくい体をつくってくれます。

プラセンタを飲んでいる方の多くが、「肌がキレイになった!」「疲れにくくなった!」「元気がでてきた!」と実感できるのも、全身の細胞が元気になっている証拠なのです。特にプラセンタ成分のグロスファクターが、身体の弱った細胞に作用し、臓器、骨、筋肉、血管、血液、皮膚を丈夫で若々しくするため、まさにアンチ・エイジングに働きます。

肌の「キレイ」は身体の内面から生まれる

年齢を重ねるごとに、シミ・シワが気になったり、くすみ、たるみ、ホウレイ線など肌のトラブルが増えてきたりして、何とかしたいと悩むのは自然な感情です。しかし、シミやシワがあっても、何となく、肌に力があり、年齢より若くみられる人がいます。

身体の健康状態が、その人の肌の表面に現れるからです。肌は自分自身を映し出す鏡のようなものです。プラセンタは古くはクレオパトラやマリリンモンロー、オードリーヘップバーンなどの美女たちも愛飲してきたように、「肌にイイ!」ことは、周知のとおりです。

どうして、肌にイイのか?といえば、必須アミノ酸・ビタミンなどの肌に必要な栄養素がたっぷり含まれているだけでなく、EGF・FGFなどのグロスファクターが「肌の若さ」を促進するからです。

肌の「若さ」を保つEGF・FGFの働き

肌(皮膚)の構造をみますと、紫外線や細菌から肌を守り、皮膚の乾燥を防ぐ「表皮」と、張りや弾力を保つ「真皮」とに分けられます。

 

表皮は基底膜から新しい皮膚細胞がつくられ、時間とともに表面に上がり、最終的には角化し、垢やフケとなって剥がれ落ちます。これらを肌のターンオーバーといい、若く健康的な人は28日周期で繰り返します。しかし、年齢とともに周期は長くなるため、紫外線によるダメージからメラニン色素細胞が沈着し、シミやくすみの原因をつくります。

プラセンタ成分のEGFには、基底層にある細胞の分裂を活性化する働きがあります。新しい表皮細胞をどんどんつくるため、肌のターンオーバーが早まり、シミやくすみを防いで、若々しい肌をつくる手助けをします。

 

真皮は、肌の張りを保つために支柱のような役割をするコラーゲン、支柱をしっかり束ねるエラスチン、弾力を保つヒアルロン酸などが満たされています。これらの成分は真皮にある繊維芽細胞からつくられています。しかし、35歳位から、繊維芽細胞の働きが弱まり始め、これらの成分が不足してしまうため、肌の張りや弾力が失われ、シワも深くなっていきます。プラセンタ成分のFGFには繊維芽細胞の細胞分裂を盛んにする働きがあります。そのためコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの生成が高まり、ぷるんとした張りのある肌をつくる手助けをします。

心は表情となり、表情が顔をつくる

●気持ちを整える

ゴールドプラセンタには全
9種類の必須アミノ酸がたっぷり。なかでも注目したいのがトリプトファン。うつ病にも関係するセロトニンは気持ちを整え、気分をリフレッシュする働きがあります。そのセロトニンはトリプトファンから作られているのです


●ホルモンバランスを整える 

アンチエイジング効果のある女性ホルモンは年齢とともに減少し、閉経にはほぼなくなってしまいます。プラセンタには、ホルモンバランスを整え、更年期症状などの緩和に役立ちます
 

再生医療で注目されるプラセンタの組織再生力

坐骨神経痛などの神経痛、脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニアなどの腰痛、ひざ関節痛などの「痛み」はなかなか良くならないものです。「痛み」の主な原因は筋力の衰えとともに骨に負担が増し、骨を支える軟骨が擦り減ったり、壊れたりします。そのため、神経や血管を圧迫し、痛みを感じることで引き起こります。

再生医療の分野で注目を集めているのが「プラセンタ療法」です。プラセンタは医療機関でも外科・内科を問わず、幅広く活用されようになっています。実際、医師の中にもプラセンタのすばらしい効果を評価する人がいます。そうした医師からは、手術が必要なほど悪化した難治性の痛みでも、プラセンタ療法の活用によって回復し、手術が回避できたという報告も数多くあります。

「痛み」の原因を修復するプラセンタの働き

では、どうしてプラセンタが「痛み」によいのでしょうか?

それには、主にプラセンタを補うことによって体内で活性化するグロスファクター(成長因子)が大きくかかわっています。プラセンタの成分には先ほどのEGF・FGFの他にTGFやIGFなど、たくさんの種類のグロスファクターが含まれています。

グロスファクターはもともと私たちの体内に存在しており、様々な細胞の増殖を促したり、傷んだ組織の修復を助けたりする成分です。グロスファクターが活性化すると、傷んだ組織の修復力が高まります。擦り減った骨や軟骨、摩耗した神経などの組織を修復して正常な組織に置き換える働き=組織再生の働きがあるのです。

また、プラセンタには優れた抗炎症作用や血流促進作用もあります。こうした作用が複合的に働いて、患部周辺の傷んだ組織が再生し、炎症が抑えられる結果、難治性の痛みが緩和していくといえます。

 

まさに、プラセンタは全身に作用し、細胞の新陳代謝を促し、「若さ」「元気」「健康」といったアンチ・エイジング(細胞の若返り)の働きを手助けするのです。

CONTACT

PAGE TOP